FC2ブログ
 
 

新・禁断の恋愛体験・・・・   人妻の心の裏日記

 神様 二人が出逢った事に理由があるんでしょ・・・・ ねえ そうでしょう
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

扉が閉まった瞬間

その男の手が 私の体を触ってた

右手は 胸を

左手は 股を

 

汗だくな男

え? 私 ・・・  痴漢にあってない?    今?

 

 

そう   まさに 今!!!

 

 

こういう時 女の子って 声もでなくて 震えてて

私もそうだと思った

声もでなくて・・・  声が全然でなくて・・・・  まったく でな・・・く・・・・ ?

 

・・・・で・・・・・

 

そう?

 

 

 

でます!! 

「ばかーーーー痴漢~~!!」

死ぬほど大きい声で 言ってやった

 

その男が 「ごめん」  なげやりないい方で私に言った

 

 

「あほ~っっっ!! 」

 

扉 が開いて 私は エレベーターを出た

 

何もなかったように また風をきるように歩いてた

 

 

けど

 

 

だんだん怖くなって

震えてきて 

 

涙がながれてきて

 

彼の声が

聞きたくなって・・・

 

 

携帯を取り出した

ずっと 携帯を眺めてた

 

番号を押せない携帯

鳴りもしない携帯

 

おもちゃのような    携帯

 

 

 

明日は 彼の結婚式

 

幸せすぎて 何も感じないでしょ    何も

 

 

 

 

ねえ 

 

声が聞きたいよ

 

 

 

ねえ・・・ 

 

逢いたいよ~

 

 

 

 

 

 

 

私達は 永遠に会うことはないと 思ってた  永遠に ・・・

 

 

 

 

 

6年後 

彼が目の前に現れた時

 

氷ついてた 私の心が溶け出した

 

 

 

それから4年間 何もなかったようにしていた 私達

 

あなたが 好きだから と言った 言葉で 

 

私たちは始まった 

 

 

 

どこへ たどりつくんだろう    どこへ ・・・

 

続きを見たい方はこちらへ 不倫ブログランキングに応援してね
るいの裏日記はこちらを345人気ブログランキング応援してね 

 

10年前の出会いからのお話はこちら 禁断の恋愛体験・・・人妻の秘密な日記    
     

風をきるように 歩いてた

彼との事は 夢

何もなかった 事

 

そう

 

何もなかった  ・・・・  事

 

 

 

 

すべて 忘れる

 

忘れてやるんだから  

 

 

 

会社も終わり

地下鉄をおりて

2階のバスターミナルへ行くため

エレベータへ乗った

2階のボタンを押して 閉まる を押した

 

少しだけ 閉まろうとした時

前から 男の人が走ってきた

 

 

私は 慌てて 開く を押した

その男が エレベーターに乗りこんだ

 

私の後ろにいたから ・・・・

 

ん?    同じ2階でいいのかな・・・

 

 

と 思ったけど ・・・違ったみたい

 

すっーと 指が 私の前へ

 

4階を 押した  

 

 

 

その 指が 物凄く 震えていた 

 

 

 

 

 

まさか 

 

 

 

やだ・・・・・・   まさか

 

エレベーターの扉が閉まった

 

続きを見たい方はこちらへ 不倫ブログランキングに応援してね
るいの裏日記はこちらを345人気ブログランキング応援してね 

 

10年前の出来事はこちらから 禁断の恋愛体験・・・人妻の秘密な日記    
     

2日後 

彼に電話を入れた

彼は こう言った

「 壊せば よかったのに  ぶっ壊せば よかったのに・・・ 」

 

 

私・・・

 

 

 

 

間違った?

 

 

氷ついた あなたの 顔を 無視して 言えばよかったの・・・・

あなたの携帯に簡単に出れる 彼女にむかって

 

わたし

 

言えばよかったの・・・

 

ぶっ壊せば ・・・・  

 

私達・・・     

 

 

 

 

一緒にいれたの・・・・

 

彼は言ってくれた

「 マジで 好きだからね 」

 

そう 言えば よかったんだ ・・・  わたし ・・・

そう 言えば 苦しまずに すんだんだ・・・

 

 

 

ちがう   

 

ちがうでしょ・・・・

 

私は  あなたに 言ってほしかった

 

あなたの 気持ちに 

 

素直になって 言ってほしかった

 

 

 

 

あなたの 本音 思い・・・ わからない けど

あなたは  わたしに 言った

 

 

「 結婚 きまったんだ 」  

 

 

あなたが 素直になって 言った

 

 

 

あなたが 素直になった時

 

 

 

とても 怖かったです

 

 

 

とても

 

 

続きの前に こちらへ 不倫ブログランキング
るいの秘密のはこちら345人気ブログランキング 

 

10年前の出来事はこちらから 禁断の恋愛体験・・・人妻の秘密な日記    
     

私が 彼の部屋で 彼女にあった

 

沈黙の時間

 

彼の不安な顔

 

今まで 見たことがないくらい 

 

 

 

不安な

 

 

 

バックを持って 私は立ち去った

公園に車をとめて ずっと 考えてた

彼がいい答えをだしてくれる

 

 

信じてるから

絶対 信じてるからね

 

 

私は 2時間後 彼の携帯に電話した

 

いてもたっても いられず・・・

私と彼を結ぶ たった一つの手段

 

 

あなたの声が聞きたくて

あなたの あの不安な顔が 心配で

あの氷ついた 表情で 何を 話すの?

 

番号をおした

 

 

 

 

 

電話にでたのは 

声を聞きたい 彼ではなく

 

彼を独占できる 彼女だった

 

「どーいう 関係ですか?」

 

彼・・・・  何も言ってないんだ・・・・

 

 

そう・・・・

 

 

言ってないんだ・・・・

 

 

 

 

 

 

今から 私の言う言葉が 心配?

あの 氷ついた顔で 携帯をみてるの?

 

 

 

 

ねえ

 

 

怖いの?

これから ・・・・  私のいう言葉が・・・・・ 

 

 

 

怖いの?

 

 

 

 

私は言った

 

絶対にいいたくない言葉を・・・・

 

 

彼の あの氷ついた顔を 想像しながら・・・・

 

 

私は言った

 

 

 

 

 

 

 

 

とも  

 

 

 

 

だち   

 

 

 

です 

続きの前に こちらへ 不倫ブログランキング
るいの秘密はこちら345人気ブログランキング 

 

10年前の出来事はこちらから 禁断の恋愛体験・・・人妻の秘密な日記    

 

     

大好きな人がいるって すごいパワー!!

今でも あの頃のこと とても 覚えている

 

一緒にいるだけで

 

電話をくれるだけで

 

100人力   なんだってできちゃう!! 

無敵のパワーだった

 

 

とんかつ屋で 彼はよく 「全部たべなさい!!」なんて 言ってた

その表情が 今でも はっきり覚えてる

「キャベツで遊ぶな!!」 なんて 言ってた・・・

たいして 話さない彼・・・

 

 

誰がキャベツで遊びたいのよ!! あほ!! 

心で思ってたな・・・・

 

私は彼に何も伝えられなかった

 

そして とても 信じてた

一緒にいれるようになるって・・・

 

予感がした  

この人しか いないって・・・

 

彼も そうだと 思ってた  私を選んでくれると 

 

そう 思ってた

 

 

 

 

モノゴコロ ついた時にふと 思ったの

大好きな人に プロポーズ される

「 結婚 しよう 」

って 言われるんだあー って ・・・・ 

 

 

るいも 大好きな人に言われるんだーって・・・・

もう いったい どこに いるのかしら~344 ・・・・???

星の数ほど いる この地球上のたった一人!! どこ?   今何してる?

 

 

 

 

まさか

 

 

まさか   

 

大好きな人に 

「 結婚 するから 」 なんて・・・・

 

言われると 思いませんでした

 

 

 

 

神様にお願いしすぎた かな・・・

 

そこで 私の時間が 止まってしまった

 

私だけの時間が・・・・・

 

 

 

 

 

止まったよ!!     

yes!!

 

続きはこちら  不倫ブログ
るいの秘密はこちら345人気ブログ 

 

10年前の出来事はこちらから 禁断の恋愛体験・・・人妻の秘密な日記    

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。